オリバー・フィッシャー Oliver Fisher

オリバー・フィッシャー 略歴

弱冠25歳にして、オリバー·フィッシャーは、現在、世界で最高のイギリスのゴルファーの一人として認知されており、将来のメジャー・チャンピオンであると共に、真のグローバルスターになると多くの人に期待されている。

これまではアマチュアとして、最近ではプロとして、その選手生活において大きな成果を収めてきた。エセックス出身の彼の経歴は、史上最年少でウォーカーカップに出場した2005年に始まった。弱冠16歳であるにも関わらず、彼の選出は驚きではなかった。彼は2005年のシーズンでブラバゾン・トロフィーで2位に入り、イギリス・アマチュア選手権と英国アマチュア選手権の両大会において最後の4人に残っていたからである。また2005年9月、ケルティック・マナーで2年連続ファルド・シリーズ・タイトルを取り、その過程で63のアマチュア・コース・レコードを打ち立てた。

2006年シーズンを世界アマチュア1位のランキングでスタートし、シーズンを通して一連の素晴らしく粘り強いパフォーマンスを披露して、好調を維持した。2006年のハイライトは、著名なセント・アンドリュースのオールドコース周辺で行われたセント・アンドリュース・リンクス·トロフィーでの見事な勝利だった。17歳で7アンダー281のスコアで大会を制覇し、同大会の最年少勝者となった。このパフォーマンスが触媒となり、2006年にも非常に素晴らしい結果を残し、イギリス・アマチュア選手権では2位、そして世界アマチュア選手権では5位となった。

輝かしいアマチュアとしての記録と年齢以上の成熟度を備えて、2006年ヨーロッパツアーのクオリファイング・スクールでは5位のカードを獲得し、これは英国人として最年少での偉業である。若いスターはルーキーとして、ヨーロッパツアーで素晴らしい結果を残し、その中には2008年MAPFREアンダルシア・オープンでの2位が含まれる。

2009年は苦難の年となり、ヨーロッパ・ツアー・カードを失った。しかし、2010年シーズンには最善の状態を取り戻し、わずか4大会で2011年のヨーロッパ・ツアー・カードを得るのに十分な賞金を稼いだ。

2011年は彼の年となった。8月には、チェコ・オープンでヨーロッパツアーにおいてプロ初勝利を収めた。強敵を寄せ付けず、大会を13アンダーの2打差で勝った彼の静かな物腰とカリスマ性はツアーの話題となった。最後のパットがカップに沈んだ時、オリバーはグリーンの外で彼の応援に駆けつけたプロ仲間の数を見て恐縮するとともに光栄に感じた。この光景は、プロのサーキットでのわずかな期間で彼が同僚たちから得た支持と尊敬の証そのものだったのである。

2012年と2013年は困難な年となった。しかし、今は彼の本来の粘り強さを取り戻し、直近の7大会の内5大会でトップ25に入った。この中には、プレーオフで、僅差で敗れ2位となったアフリカ・オープンが含まれている。

オリバー・フィッシャーはゴルフコース上でも、プライベートでもプロのゴルフプレーヤーであろうと心がけている。彼は近代ゴルフに現れた最高のプレーヤーの一人であり、プロのサーキットで大きな記録を残すのは時間の問題であろう。彼には、スターとなり、英国ゴルフの将来の顔となる高い技術、人格、優雅さ及びスタイルが備わっている。

オリバー・フィッシャー 戦歴

Page Top