モルテン・マドセン Morten Madsen

モルテン・マドセン 略歴

マドセンはデンマーク、シルケボーで生まれ、デンマークが生んだ最も偉大なプレイヤーであるトーマス・ビヨンと同じシルケボーGKでプレーしている。12歳でゴルフを始め、アマチュアとして活躍し、オレゴン州立大学に在学中にアイゼンハワー・トロフィーに出場した。2011年にプロに転向し、第3部の北欧リーグで2勝し、チャレンジツアーへの参加資格を獲得した。2年目のシーズンが堅調であったことによって、ヨーロッパツアーへの参加資格を得た。2013年11月24日、2ストローク差で南アフリカオープン選手権に優勝した。

子供の頃の夢はサッカー選手になることで、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンである。しかし、彼の父親は幼い頃から彼がゴルフをすることを望んでいた。モルテンは、12歳の夏休み中の「非常に退屈だった1日」にゴルフを始めることを決意した。2週間「日の出から日没まで」プレーしたことで、完全にゴルフの虜になった。

全米オープンで活躍し、タイガー·ウッズやロリー・マキロイやアダム·スコットといった選手を破り、28位タイに入った。彼の活躍はこれに留まらず、それ以降も3度トップ20に入っている。

堅調だった2013年シーズンによって、2014年のカードを獲得し、申し分のない好スタートを切り、最初のツアートーナメントである南アフリカオープンを2ストローク差で優勝した。彼はこれからの若いプレイヤーであり、素晴らしい未来が待っている。

モルテン・マドセン 戦歴

Page Top