マッテオ・マナセロ Matteo Manassero

マッテオ・マナセロ 略歴

1993年4月19日にイタリア、ヴェローナ近郊のネグラルで生まれた。若いゴルフ選手であり、ヨーロッパツアーで優勝した最年少プレイヤーである。国内のいくつかの大会で勝ち、輝かしいアマチュア時代の経歴を持つマッテオにとって、2009年はこれまでで最高の年だった。メダル・イタリアン・チャンピオンシップに優勝し、イタリアン・オープンではトップ25に入った。その後、英国のアマチュア選手権にも勝ち、ゴルフ史上最年少優勝者となった。同年、全英オープンで13位となり、銀メダルを獲得し、全英オープンで成し遂げた快挙に花を添えた。

2010年4月には、マスターズでの歴史的なパフォーマンスは彼の卓越したアマチュアの経歴の総仕上げとなった。彼はマスターズの最年少優勝者(16年11ヶ月)となったのである。

プロデビューして3ヶ月で、チャレンジ・ツアー・ステージの一つであるロレックス・トロフィーで2位、そして、オメガ欧州マスターズで3位に入った。2011年4月、18歳の誕生日の2日前に、マッテオはクアラルンプールでのメイバンク·マレーシア・オープンで優勝し、ヨーロッパツアーでの2勝目を挙げた。この勝利以来マッテオは世界ランキングのトップ50に入り、セベトロフィーに参加したヨーロッパチームの一員となった。

2013年は「時代の到来」の年であった。彼は、劇的なプレーオフで、BMW PGAチャンピオンシップで勝ち、同大会での最年少優勝者の記録を塗り替えた。ちなみにBMW PGAチャンピオンは全英オープンに続く重要なトーナメントである。世界ランキングのトップ50の地位を3年以上しっかりと守り、ウェントワースでの素晴らしい勝利で世界ランキング11位と、これまでで最高の地位に到達した。

現在マッテオは世界中でイタリアのゴルフ大使になっている。彼はゴルフの未来を代表するだけでなく、長い間紳士気取りのスポーツと考えられてきたゴルフをイタリア等の国々での人気向上に貢献したのである。

ゴルフを離れると、サッカーチームのミラノのファンであり、セベ·バレステロス財団、ローレウス財団、イタリアのドラベット協会及びABEO(幼児白血病協会)の支援者でもある。

マッテオ・マナセロ 戦歴

Page Top