エドアルド·モリナリ Edoardo Molinari

エドアルド·モリナリ 略歴

2005年、エドアルドは95年間の米国のアマチュア選手権の歴史において優勝した最初のヨーロッパ人となり、アーノルド·パーマー(1954年)、ジャック·ニクラウス(1959、1961年)やタイガー·ウッズ(1994年から1996年)に並んだ。米国のアマチュア・チャンピオンとして、エドアルドはすぐに2006年に3つのメジャー大会に出場し、世界に知られるようになった。プロになってわずか6ヶ月で、クラブコロンビアマスターズで初めてトーナメント優勝を飾り、そのすぐ後にタスカービールケニアオープンでも優勝した。

2008年に手首の怪我をした後、 2009年には5大会で優勝すると共に、連続してトップ10入りを果たし、画期的な年となった。2010年もエドアルドは信じられないほどのフォームを継続し、ヨーロッパと米国の両方で素晴らしい結果を続けて残し、自分自身を世界のトップクラスのゴルファーの位置に押し上げた。アーノルド·パーマーインビテーショナルでの2位や、バークレイズ·スコットランド・オープン並びにジョニーウォーカー選手権の2つのヨーロッパツアーでの優勝によって、彼は世界トップ15に入った。ジョニーウォーカー選手権での劇的な優勝によって、モンティ(コリン・モンゴメリー)は、2010年のヨーロッパのライダーカップ優勝チームのメンバーとしてエドアルドを躊躇なく選出した。

2011年マスターズで11位となり、メジャー大会での最高の順位となった。またヨーロッパやPGAツアーで上位15位に4度入った。エドアルドは好成績を2012年、2013年も続け、アンダルシア・オープンで11位、モロッコのハッサン・トロフィーで6位、そしてメイバンク·マレーシア・オープンで2位となった。これらの成績は2012年末の手首の手術や2013年シーズン末での親指の手術などがあったにもかかわらず達成されたものである。

完全に今は回復し、2014年はエドアルドにとって、楽しみな年になりそうである。事実すでにヨーロッパツアーで2度のトップ10入りを果たすと共に、ドバイ・デザート・クラシックでは9位、そしてツワネ・オープンでは10位に入った。

エドアルド·モリナリ 戦歴

Page Top